小説・戯曲・音声コンテンツ・アニメーション

> 小説「方舟」 > プロローグ

プロローグ

赤道付近にある簡易宇宙ポートに、ひとりの男がやってきた。

宇宙港の管理責任者であるファロー大尉は、ひとつきりしかない小さなロビーで、その男を出迎えた。

男は、大尉を見つけると軽く会釈をし、それから鉄製のベンチしか置いていないロビーを見回し、

「入星審査のゲートとか、手荷物のスキャン・システムとかは無いのですか?」

と尋ねた。

「ありませんね。そもそも、この星に来たいという奇特な人は滅多にいませんから。私の知る限り、この10年であなたが初めてです」

大尉の言葉を聞くと、男は小さく肩をすくめ、

「私も、来たくて来たわけじゃないんですよ」

と言った。

「ただ、私は、知らなければならないんです。知らなければ、前に進めない。そういう呪いをかけられてしまったみたいでして」

「なるほど」

ファローは、男の言うことがよく理解できなかったが、自分からあれこれと質問するのは控えることにした。

「では、あなたの旅が有意義なものになるよう、私も祈ることにいたしましょう」

それから、ファローはロビーの外に停めてある、ひとり乗りの氷雪面専用バギーまで男を案内した。

「どうぞお乗りください。運転方法は普通のバギーと同じです。タイヤが特殊なだけで」

男は乗った。

「目的地までナビゲーションが誘導します。現地に着いたら、このカードをかざしてロックを解除してください」

そう言って、ファローはカードを男に手渡した。

「ビジター用カード」

男は、カードの表面の文字を声に出して読んだ。

「なるほど。確かに私は、この星ではビジターだ」

それからフッと笑うと、

「いや、『この星でもビジターだ』と言うべきかな」

と言い直した。

ファローは、彼が何に拘っているのかも理解できなかったが、やはり質問はしなかった。

「では、お気をつけて」

ファローがそう言うと、男はグイッとアクセルを踏み込んだ。

男はひとり、北に向かって1000メードほど移動をした。

その惑星には「色彩」というものが無かった。

空は一面、どんよりとした分厚い灰色の雲に覆われていて、どこにも切れ目が無かった。

地面もまた、全てが分厚い濁った灰色の氷雪で覆われていて、どこにも切れ目が無かった。

夏でも氷点下40度までしか気温は上がらず、冬にはそれが氷点下100度以下まで下がる。風はまったく吹かず、そのせいで景色の変化というものも無かった。

音も無かった。

その無音の灰色の景色の中を走っていると、ここにはまるで時間という概念すら無いように男には感じられた。

と、唐突にナビゲーションが、

「目的地に到着しました」

と告げた。

同時に、氷雪面の中から、メードメードの漆黒の立方体が現れた。

バギーを降りて、その立方体に向けてカードをかざすと、正面のドアがスルスルと開いた。

それは、エレベーターだった。

乗り込む。

内部にはコントロール・パネルも、階数表示も、非常ボタンも無かった。よく磨かれた銀色の壁しかなかった。

(この星に駐留している兵士はファロー大尉ひとりのはず。では、このエレベーターの壁は、誰が磨いたのだろう)

そんなことを男は考えた。

ドアが閉まる。

体が一瞬、軽くなったような気がした。かなりの高速で地下に降りて行っているのだろう。何メードくらいだろうか。10秒ほどの降下を経て、エレベーターは停止した。

ドアが開く。

そこが既に目的地だった。

男の正面に、その老婆はいた。

両手首と両足首を、古風な太い鈍色の鎖で壁に繋がれた状態で、老婆はペタンと銀色の床に座っていた。エレベーターのドアが開いた気配は感じているだろうに、顔をあげようともしない。男は老婆の側に行こうとしたが、エレベーターのドアを塞ぐように透明の硬化ガラスが設置されていて、男はそこから降りることすら出来なかった。

「ママ!」

男は老婆に声をかける。と、老婆の返事より早く、エレベーターの天井からコンピュータの音声が流れてきた。

「面会時間は5分です」

「いやいや、待ってくれ。彼女の話を聞くために、俺は気が遠くなるほど遠い距離を旅してきたんだ。とてもじゃないが5分では済まない」

コンピュータは同じ言葉をもう一度繰り返した。

「面会時間は5分です」

男は再び老婆の方に向き直った。

「ママ! 俺だよ! わかるだろう? さあ、顔をあげて俺を見てくれ」

老婆はやはり顔をあげなかった。そのかわり、クックックッと、小さな声で笑った。

「気安くママなんて呼ぶんじゃないよ。アタシには娘はたくさんいたけど、息子はひとりもいないんだ。男ってやつは、普段は威張っているくせに、いざって時には役に立たないポンコツばかりだからね」

男は、硬化ガラスを更にドンドンと叩き、大声で叫んだ。

「ママ! 俺は本当のことが知りたいんだ! 真実ってやつだよ。俺は、彼女の真実を知りたいんだ!」

「見返りはなんだい?」

「見返り?」

「当たり前じゃないか。見返りも無しに、アタシに昔を思い出させようって言うのかい?」

そう言うと、老婆はひとつ、くしゃみをした。それから、大儀そうに体を起こし、背中を壁に預けて、天井を見上げた。

「アタシはね。つまらないことはきれいさっぱり忘れることにしてるんだよ。今となっちゃ、私が覚えているのは三人の女のことだけだ。

ひとりは、アタシが殺そうとした女であり、

ひとりは、アタシを殺そうとした女であり、

ひとりは、その両方だった。

ひとりは、ピュアであり、

ひとりは、ビジターであり、

ひとりは、その両方だった。

三人とも、心に異なる正義を持っていて、そしてあの時、世界の運命はその三人の女の手に握られていた」

そこまで言うと、ようやく老婆は、男の顔を見た。

「で、あんたが真実を知りたいというのは、どの女のことだい?」