小説・戯曲・音声コンテンツ・アニメーション

> 小説「方舟」 > 第三章 1

第三章 1

ハムダル星の大統領が殺された日も、首都リグラブの夕焼けはいつもと同じ美しさだった。恒星リサから7分28秒かけて届く光が、ミッドタウンの高層ビル群や、ダウンタウンの低所得者用集合住宅、ピュア専用区域にある様々なデザイナーズ・ハウス、そしてリグラブの北端の小高い丘の上に立つ「クラッシュの塔」を黄金色に照らし、その反対側に濃くて長い影を伸ばした。「クラッシュの塔」というのは、かつては100以上のフロア数を誇った「天空の塔」だったが、二千年ほど前に謎の大爆発を起こし、今ではたったの4階までしか残っていない。その4階も、壁と天井の大半は爆風で吹き飛び、わずかに残る赤茶色の断面から錆びた鉄骨の束が剥き出しになっているだけだった。

その日、その最上階の4階から、一発の銃弾が発射された。

撃ったのは、黒髪の少女。名前は、ヤン・ドー。旧式のライフル銃を床置きにし、その銃に寄り添うように、経年劣化の激しい白茶けた石の床に寝そべっている。そして、少女の傍にはもうひとり、女。本名は誰にも明かしていない。通称、ママ。白いものの混じり始めた黒髪に、日に焼けた浅黒い肌。深くなり始めた皺に、鋭い眼の光。ママは、高性能の携帯型双眼鏡で1キロメード先の「聖なる広場」の様子を見つめていたが、やがてそれを静かに顔から外して畳んだ。そして、

「おまえをぶち殺さずに済んで、アタシは嬉しいよ」

とヤンに言った。その1秒後、床に転がしてあった玉子サイズのスピーカーが、広場からの報告音声を受信する。

「ママ。プレゼントはりんごに命中。ほぼ真ん中に」

ヤンは、ママの言葉にもスピーカーからの報告にも、特に反応を見せなかった。

「アタシはこれからまた酒を飲む。おまえはどうする?」

「……」

「行くところ、あるのかい?」

「……」

「無いんだろ? なら、アタシの酒に付き合いな。ヤン・ドー。アタシのコレクションは素晴らしいぞ。おまえの故郷の酒も一本持ってる。ラーズという木の根から作った赤い酒。今日はそいつを、特別に開けようじゃないか。さ、そうと決まったら、こんな所からは撤収だ」

ママはスピーカーを拾うと、さっさと階段を降り始めた。ヤンも無言で立ち上がると、ライフル銃に安全装置をかけ、床起きのためのスタンドを畳み、ケースは元々持っていないのでむき出しのまま銃を胸の前で抱え、ママの後を追って階段を降りた。

クラッシュの塔の周囲には、塔を中心に半径100メードほどの円の形になるよう、ひとつ0.5メード・サイズの扇型の石板が敷き詰められている。その多くは既に割れていて、隙間から幾種類もの雑草が好き放題に茎や葉を伸ばしている。円形の石畳の外には、アスヒバとも単にヒバとも呼ばれる美しい円錐形の古木が二本。その双子のような二本のヒバの間に、くすんだ灰色のサイド・カーが一台置かれていた。パッセンジャーの乗る楕円形のシートには太った若い女が座っていて、ムシャムシャと大きなサンドイッチを食べていた。

「異常は何もなかったかい? ビッチ」

ママが尋ねる。太った女はママを見ると、サンドイッチの残り半分をいっぺんに口の中に押し込んだ。

「全然。何にも。それより、きちんと当たったんですか?」

ビッチと呼ばれた太った女がそう質問を返す。

「真ん中にね。大統領の胸から血が吹き出るのがアタシのところからも見えたよ」

「へぇー。いい腕じゃん」

ヤンに視線を向け、ビッチは笑顔を浮かべた。

「あんた、ビッチって名前なの?」

ヤンが尋ねる。

「そうだよ。良い名前だろ? 女はビッチに限るって言うからね!」

そう言って、ビッチは自分の突き出た腹を、両手でポンッと叩いてみせた。

「いいからさっさとそこに乗りな! おっと、そのライフルは目立つからね。先に座席の下の物入れに入れるんだ」

言われた通りにする。ビッチは少しサイド・カーから距離を取り、周囲に怪しい人物がいないか確認している。

「ビッチさんは乗らないの?」

ヤンがママに尋ねる。

「あいつにはまだいくつか仕事が残ってるんだ。おまえは気にしなくていい」

それからママは、ハンドルのすぐ下にある、ひときわ灰色の濃い球体をポンポンと叩き、

「家に帰るよ」

と呟いた。と、次の瞬間、サイド・カーはゆるゆると走り出した。ヤンは目の前にあったバーに掴まり、ママは両手をポケットに入れたままドライバーズ・シートの背もたれに体を預けた。

小高い丘を、反時計回りに周回しながら降り、リグラブのミッド・タウンへ。街に入るなり、ママのサイド・カーは黄色い光を点滅させ、側道から地下へと入る。

「ピュアのお偉いさんたちだけが使える隠し道路さ。今日の地上は大混乱だろうからね。そんなものに、わざわざ巻き込まれたくないだろ?」

「ママはピュアなの?」

「アッハッハ! そんなワケ無いだろう。でも金さえあれば、世の中、たいていのものは手に入るのさ。どこでも入れる秘密のパスとかね」

秘密の地下通路は地上より明るく、そして広かった。片側五車線のその舗装路は、まるで良く手入れされた高級な銀の食器のようだ。そこを走ること数十秒。ママとヤン・ドーの乗るサイドカーは、再び地上に飛び出した。

「あ、土!」

ヤンは、この星に来て初めて、土を見た。ドーの星の赤い土とは違う、漆黒の土だ。湿気が強いせいか、見るからに粘りの強そうな土だった。ふたりが飛び出した場所は、辺り一面、そんな土が剥き出しになっていた。

「ここは、スラムってやつさ」

そうママが楽しそうに言う。

「ピュアの連中は、ビジターのためには金を使わない。貧乏人はただ切り捨てる。勝手に死んでくれる分には金もかからない。だから、貧乏人たちは貧乏人同士、肩を寄せ合って生きていくしかない。で、こういう街が出来るのさ」

土の上に組み上げられた、廃材ばかりで組み立てられた家。互いが持たれ合うように斜めに傾いている。金属にはどれも盛大に茶色い錆びが浮かび、割れた窓ガラスは布とテープで雑に補修されたまま。そして、それらの家にすら入りきれない人々が路上に溢れ出てきている。車座になって酒を回し飲みする者たち。携帯コンロで干からびた食べ物を焼いている者たち。虚な目でただ座っている者たち。上半身裸のまま寝ている者たち。そして転がるゴミ、ゴミ、ゴミの中を、ママのサイド・カーは突き進む。道は進むほど狭くなり、路面も悪くなる。いくつもの見通しの悪い分岐を減速もせずに走り、やがてサイド・カーは塗装の剥げたペラペラのアルミのシャッターの下りた建物の前で止まった。廃屋と廃屋とに挟まれた幅二メード弱ほどの小さなシャッター。それは、サイド・カーがウインカーを青く点滅させると音もなく真上へと巻き取られ、スルリとサイド・カーが中に入ると、今度はギロチンの刃が落ちるように轟音と共に落下した。こっそりママに続いて中に入ろうとする者がいたら、あのシャッターに押し潰されるのだろう。

通路を20メードほど進むと、突如として広い空間が現れた。鉄の梁が張り巡らされた高い天井。こちらの鉄は、どれも錆びてはいない。コンクリートの床には、梱包された貨物が山積みになっている。背丈より高いダーク・グリーンのコンテナや、麻で出来た布や荒縄で梱包された荷物、最新のカーボン素材のボックスもあれば、釘打ちで固定された異星の木で出来た箱もある。

「着いたよ。降りな」

開いているスペースに車を止めてママは言った。

「ここ、どこ?」

「アタシの家さ」

「この荷物は何?」

「荷物は荷物さ。アタシは23の星と取引してるからね」

そこはドアの無い倉庫にしか見えなかった。が、何の印も無い壁にママが掌を当てると、いきなりそこに回転ドアが現れた。

「正確には、ここから先が、アタシの家だ」

回転ドアの先。ママは家と言ったが、そこはどう見てもバーだった。先ほどの倉庫と同じくらいの広さだが、こちらは壁がそれなりにカラーリングされていた。ヤンたちが入ってきたのとは反対側に、店の入り口がある。ヤンから見て左側にはバー・カウンターがあり、数百種類もの酒瓶たちが雑然と並べられている。右側には小さなステージ。打楽器や鍵盤楽器、管楽器たちが、いつでも手に取って遊べるようにカバーもかけずに置かれている。テーブルは、酒類を運搬した後の空きケースを足にして、その上にどこからか剥がしてきた壁材を置いただけの物。椅子はデザインに統一性がなく、木の切り株のようなものもあれば、鉄パイプを曲げてそこに汚いクッションを乗せただけのものもあった。ママとヤン・ドーが到着した時、店には既に十人近い客が入っていた。

「ようママ。ニュースは見たかい?」

中央のテーブルに座っていた男たちが、ママの登場に気づくとそう声をかけてきた。

「ニュース?」

「あの偉そうな女が撃たれたんだよ。大統領のサラ・ヴェリチェリ。さっきからニュースはずっと同じ映像を配信してる」

言いながら、男の客は、モニターの設定を「共有」に変えた。彼がテーブルで見ていた映像が、店の天井から下がっている360度モニターに大写しになった。

ほんの数十分前の聖なる広場。壇上に立つサラ・ヴェリチェリ。そのサラが、突然、胸から血を噴き出しながら倒れる。

「!」

心の準備が出来ていなかったせいだろうか。倒れるサラを見て、今日初めて、ヤン・ドーの顔色が変化するのをママは見た。映像は続く。倒れたサラの元に、護衛の女性が何か叫びながら駆け寄る。必死に傷口を抑える手。だが、指と指の隙間から、血は容赦無く流れ出す。更に映像は切り替わる。群集に突撃する警察隊。混乱し、悲鳴を上げて逃げる一般市民。怒号が飛び交い、何発もの銃声も聞こえ始める。そこでまた映像は元に戻る。演説しているサラ。と、突然、彼女の胸から血が噴き出す。

「へええ。こんな事件があったのかい」

ママがとぼけた声で言う。

「後で詳しいことを教えておくれ。そんなことより先に、アタシはこの子に晩飯を食わしてやりたいんだ」

ママはヤンに、バー・カウンターの奥の壁沿いにある小さな階段を登って、ロフトで待っているように伝えた。ヤンは素直に、階段を上に登っていった。ママは、戸棚からフライパンを取り出し、その上に冷蔵庫から適当に食材を出して投げ込んだ。ヤンのための食事を、ママは自分で作るつもりのようだった。

ずっとヤンをジロジロと観察していた別の男が、

「見ない顔の女の子だね。どっから拾ってきたんだい?」

とママに尋ねた。

「そういう質問は野暮ってもんだよ。だからアンタはモテないんだ」

ママは吐き捨てるように言った。

「どこで生まれようが育とうが、そんなことは関係ない。こんなところまで堕ちてきちまった以上、アタシらに出来ることはふたつだけだ」

「ふたつだけって?」

空気の読めない男だった。ママはいきなり、手元にあったステーキ・ナイフを男に投げた。それは、一直線に飛び、男の履いた汚い革靴の先端のわずか2セタ手前の床に突き刺さった。

「!」

男が、腰を抜かして椅子から滑り落ちる。ママはその前まで歩いていくと、ステーキ・ナイフを床から抜き、刃に付着した汚れを男の頬でゴシゴシと落とした。

「助け合うか、殺し合うかだ」

ママは静かに言った。

「この街でアタシらに出来ることは、いつだって、助け合うか殺し合うかだけだ」