小説・戯曲・音声コンテンツ・アニメーション

> 小説「方舟」 > 第一章 5

第一章 5

不時着した宇宙船D-227から、更に、四名の男女が降りてきた。この宇宙船には、全部で六名が乗り込んでいたようだった。

「ドーの星の皆さん。お騒がせして申し訳ありません。実は、ちょっとした機材トラブルのため緊急着陸をさせていただきました。修理と点検の間、少しだけ、こちらの星にお邪魔をさせてください」

そう最初に、長身の若い男が挨拶をした。彼の名はキャプ・ヴァイス。彼が、宇宙船D-227号の機長で、ハク・ヴェリチェリが副パイロット、そしてレイジが船外作業員で、船のクルーはこの三人だとキャプは最初に説明をした。残る男性二人と女性一人は、今回たまたまこの船に乗り合わせた「お客さま」だと彼は説明した。

男性のひとりは投資家で、今回はとあるレア・メタル鉱山の開発権の売買のために宇宙船D-227号に乗ったという。名前は、リッチ・カーオ。ずんぐりとした正方形に近い体型に、上等そうな皮のジャンパーを着込み、年代物のライフルをギュッと体の正面に抱きかかえながら降りてきた。もうひとりは、ハムダル宇宙大学の助教授。名前は、パラン・エフ。専門は星間歴史学。他のメンバーより少し年配らしく、くるくるとした黒い巻き髪にほんの少し白いものが混じっている。肌は褐色で、ドーの星の男たちによく似ている。そして、最後に出てきた若い女性はジャーナリスト。肩まで伸びたホワイト・ブロンドの髪とブルーの瞳。名前はエリ・クム。

彼らの自己紹介を聞いた大叔父のオオノキは、まずは自分たちの集落に移動をしませんかと提案した。

「この時間は、我々はいつも宴を楽しんでおりまして、ぜひ、皆さんとも暖かい火を囲んで同じ酒を飲みたいですね。レイジのお仲間なら、我々にとっても家族も同然ですから」

そうオオノキは言った。

(前にレイジの銀色の髪を「不吉」と言ったのもオオノキだった……)

そうヤンは心の中で呟いた。もちろん、オオノキは嘘をついているわけではない。「家族も同然」という言葉も本心であり、しかし「銀色の髪は不吉」という言葉も本心なだけだ。ドーの星の人たちは皆、本心であれば良し、口に出して良し、という考え方だった。

「あなたがこの星の長ですか?」

キャプが、オオノキに尋ねた。

「長? いえ、違います。私たちには長はいません」

「長がいない? それは、今ここに居ない、と言うことですか?」

「キャプ。ドーでは、長とかリーダーとか知事とか大統領とか、そういう人をわざわざ決めたりしない社会なんです」

レイジが横から口を挟んだ。キャプはその言葉にとても驚いたらしく、

「じゃあ、誰がみんなを取りまとめるんだ? リーダー無しで、社会はどう運営される? 政治は? 何か問題が起きるたびに全員で多数決をするのかい?」

と、立て続けに質問をした。

「問題は滅多に起きませんし……」

キャプの疑問に、再びオオノキが答えた。

「それに、私たちは意見が割れるということがありません」

「え? 意見が割れない?」

「そもそも、なぜ、意見が割れるのでしょう。『あなた』の恵みに感謝をする。家族を愛する。食べ物も飲み物も全員で分け合う。朝と昼は働き、夜は歌を歌う。どこにも、人々の意見が割れるところがありません」

オオノキの言葉に、他の叔父たちも深く頷いた。

「なるほど。素晴らしいですね……」

戸惑いの表情を浮かべながらも、キャプは、そう言ってオオノキたちの顔を立てた。キャプの背後で学者のパランが、

「実に興味深い……」

と小声で呟いた。

「さあさあ。こんな所で立ち話をしていても冷えるばかりです。私たちの集落に移動しましょう」

そうオオノキが言う。カカが手を上げ、

「ハナとヤンと、あと、生まれの遅い六人は帰りは歩け」

と指示をした。

「お客様、ぜひバギーにお乗りください」

「え? 俺も良いんですか?」

とレイジが驚いたように声をあげる。

「もちろんだ。おまえが別行動だとお客様が安心できないじゃないか」

カカが言い返す。

と、その時、エリ・クムが手をあげた。

「あのう。私は徒歩でもいいですかぁ?」

「え?」

「皆さんの集落って、あれですよね。あそこに見える灯りのところですよね。あのくらいなら、多分歩いても30分くらいだろうし、ここまでずっと座ってばっかりで運動不足で足もむくんじゃったし、なので、私は歩きでもいいですかぁ?」

のんびりした声色でエリは言った。

「この人たちも歩くんでしょ。なら、道に迷う心配もないわけだし」

そう言いながら、エリは、ハナの側に行き、彼のたくましい右腕に触りながら、にっこりと微笑んだ。ハナは狼狽の表情を浮かべてレイジやオオノキを見たが、レイジは笑って、

「どうぞご自由に。ハナ、エリさんをよろしく」

と明るく答えた。

オオノキがバギーにエンジンをかけ、レイジ、ハク、キャプ、リッチ、パランの五人を乗せて、来た時の分のくらいのスピードで走り去った。

彼らが視界から消えると、エリは大きく伸びをした。

「あー、嬉しい。私、あいつら嫌いなんだよね」

と言った。

「あいつら?」

「キャプとリッチ。あ、安心して。レイジのことは普通に好きだから」

「なんで、嫌いなんですか?」

とハナが訊く。

「なんででしょう。まあ、いいじゃない。さ、歩きましょ」

そう言うと、エリは先頭を切って歩き始めた。慌ててハナとドーの男たちが後に続く。ヤンも、グループの最後尾について、今来た道を戻り始めた。

「足元に気をつけてくださいね。ここの赤砂利は、時々足を滑らせますから」

そう、徒歩組に残ったカカがエリに言う。

「この星は、街灯も無いのに夜も明るいのね。大きな月が二つもあるからかしら」

と、エリは歩きながら空を見上げる。

「ハムダルには、月は無いんですか?」

「あるけど、ひとつだけ。しかも小さいの。だから、ここの夜空はなんだか不思議」

「あ、でも、ここでも月がひとつの日、ありますよ」

「そうなの?」

「はい。あのふたつの月は、大きさがほとんど同じで、お互いに相手の周りを回ってるんです。回りながら、同時にドーの星の周りも回ってる。なので、日によっては、片方がもう片方の裏側にぴったり隠れちゃって、ひとつの月しか無いように見える日もあるんです」

「へええ、なんだか、ロマンチックね」

「ロマンチック?」

「お互いにお互いの周りを回りながら、同時に、ふたり一緒にもっと大きな何かの周りを回る……何だか、男と女の話みたいじゃない?」

そう言いながら、エリは寂しげにフッと笑うと、足元の赤い砂利を小さく蹴った。

(ロマンチックと言いながら、どうして寂しい顔をするんだろう)

それがヤンには不思議だった。

「ところで、ひとつ、訊いても良いですか?」

改まった口調で、ハナがエリに質問をした。

「あの宇宙船、ドーから光時間も離れた場所を航行予定でしたよね。それがどうして、ドーに不時着することになったんですか?」

(ヤンの前を歩いていたサルゥという叔父が、小声で「サンコウジカンって何?」と訊いてきた。「光の速さで進んでも3時間かかっちゃうほど遠い距離ってこと」とヤンも小声で答えた)

エリは、ハナの質問に、しばし、うーんと考え込んだ。そして、

「実は、私も『えっ? 急に何?』って感じだったんだよね」

と言った。

「私はただの客だったし、ちょっと退屈もしてたし、だらだらとファッション雑誌のバック・ナンバー読んでたの。そしたら、レイジが船外点検から帰ってきたから、私、彼の服の袖を捕まえて、『レイジさん、なんか、情報持ってません?』ってストレートに訊いてみたの」

「情報?」

「そうよ。ハク・ヴェリチェリの情報よ」

宇宙船D227号は、ドーの星に不時着をするその時間前まで、予定の航路を順調に進んでいた。エリの座る右舷最後尾の横の窓からは、漆黒の闇に浮かぶ細かい水しぶきのような星々がずっと見えている。けれど、エリ自身は、この美しい眺望にとっくに飽きていた。

AIの合成音声が、

「ハク・ヴェリチェリさま。本日度目のヘルス・チェックの時間です。診断ライトの中にお入りください」

と告げる。と同時に、ルームの真ん中にある0.5メードほどの円形プレートが、淡い青い光を足元から天井に向かって放射し始めた。ハクが副操縦席から立ち上がり、その淡い青の円筒形の光の中に入る。

「ヘルスチェックを開始します……終わりました」

開始から終わりまで、3秒くらい。

「ハク・ヴェリチェリさま。本日度目のヘルスチェック。脈拍、血圧、血液内酸素濃度、正常。神経系統、正常。骨密度、正常。宇宙放射線被爆量、規定内。DNA損傷未検出。次のヘルスチェックは8時間後です。次、キャプ・ヴァイスさま。本日度目のヘルスチェックです。診断ライトの中にお入りください」

(ああ、この合成音声にもうんざりだ)

そうエリは思う。そもそも、こんな狭っ苦しい宇宙船に乗っていることがうんざりだ。こんな仕事、ジャーナリズムと何の関係も無い。そんなことを思っていると、

「お疲れ様でした」

と言いながら、レイジ・ドーが船外の定期点検作業から戻ってきた。自分の横を通り過ぎようとするタイミングで、エリはレイジの左腕の袖を掴んで、自分のチェアの方に引っ張った。レイジは不意を突かれてバランスを崩し、エリの膝の上に尻から落ちた。

「な、何か御用ですか? エリさん」

まるで、お姫様抱っこのような大勢のままレイジが質問をする。

「レイジさん、なんか、情報持ってません? 持ってるでしょ? 私を助けると思って、こっそり教えてくれない?」

そうエリは、少し媚びた音色を混ぜた声で言った。

「え? 何の話?」

レイジがとぼける。

「結局、ハクさんはどっちと結婚するの?」

「はい?」

「キャプ? リッチ? レイジさん、実は知ってるんでしょう?」

「どうしてぼくが?」

「だって、レイジさん、ハクさんとは大学の同級生で、かなーり仲の良いお友達なんでしょう? 絶対、恋バナのひとつやふたつ、聞かされてるでしょ?」

「全然ですよ。ていうか、身分がもう違い過ぎて友達とかですらないです」

「またまた」

「本当ですって。それに、彼女が結婚するとして、どうして相手があのふたりに決め打ちなんですか?」

「は 何言ってるのよ。彼女の爺ちゃんが記者たちの前で思いっきり明言してるのよ 『あー、これはオフレコでお願いしたいんだがね。あー、どうも孫には、心に決めた人がいるらしくてね。あれは、誰に似たのか、少しばかりワーカーホリックなところがあるから、きっと出会いも職場なんだろうね。それか、同じ船に乗り合わせた相手とかね。うんうん。え? 私? 私は相手がピュアでさえあれば、孫の選択をもちろん尊重するよ。あれは、とても賢い子だからね』」

エリは、ハムダル星の元大統領であり、現大統領のサラ・ヴェリチェリの父でもあるボア・ヴェリチェリの口真似を上手に披露した。

「エリさんって、物真似とか、そういう役に立たない事は上手ですよね」

レイジが混ぜっ返しながら、エリの膝の上から立ち上がろうとした。その腕をエリは再び引っ張ったので、レイジはまたしてもお姫様抱っこの状態に戻ってしまった。

「でも、この船って、ピュアの男、ふたりしかいないのよ。キャプテン・キャプとリッチ・カーオ。レイジさんはビジターだしパラン教授も名誉ピュアだけどDNAはビジターだし」

「どっちと結婚したって良いじゃないですか。本人の自由でしょ」

「そういう意地悪言わないでよ。この船に乗るチケット代、びっくりするほど高かったのよ? どっちと結婚しても良いけど、そのスクープを他所に抜かれたら、私、クビにされちゃうかもしれないのよ?」

「大統領補佐官の妹さんをクビにする会社なんてないですよ」

「関係ないわよ、姉さんのことは!」

エリは、姉の話をされるのが一番嫌いだった。と、AIの合成音声が、今度はエリのことを呼んだ。

「エリ・クムさま。本日度目のヘルスチェック。診断ライトの中にお入りください」

「エリさん、呼んでますよ? 行かないと」

レイジが猫撫で声で言う。

「嫌よ。面倒くさい」

「エリさん。ピュア宇宙航行法で決まってるんですよ。義務なんですよ」

「レイジさんだって一度もしてないじゃない」

「自分はビジターなんで、必要ないんです」

「差別」

「区別です」

「差別でしょ」

AIの合成音声がもう一度エリを呼ぶ。

「エリ・クムさま。本日度目のヘルスチェック。診断ライトの中にお入りください」

ちなみに、このAI音声は諦めるということを知らない。法に定められた診断が行われるまで、無限に相手を呼び続ける設定になっている。

「あーもう! みんなして私をいじめる!」

そう叫びながら、エリはレイジをどかし、ルームの真ん中にある円形プレートの方に歩き出そうとした。と、その時、居住区との連結ドアが開き、両手を高く上げたパランと、そのパランに背中からライフル銃を突きつけたリッチが現れた。

「あの……健康診断の法律があるんですか?」

ハナが、途中で口を挟んだ。

「そうなのよ。面倒くさいの」

エリが肩を竦めながら答える。ヤンは、後ろの方で(質問をするなら、ライフル銃の方じゃないの?)と思っていたが、特にそれに興味があったわけでもないので黙っていた。ハナは更に、

「そんな便利な機械があるのに、どうしてレイジは受けさせてもらえないんですか?」

と質問した。

「そういう法律なのよ」

エリは憮然とした口調で言う。

「税金のほとんどはピュアが払っているのだから、そのお金で作った高価なシステムはピュアが独占的に使うのが当然だ。みたいな考え方なのよ。政治家も官僚も」

その官僚のトップが、実はエリの姉だ。

(この人、自分もピュアなのに、どうしてピュアは嫌いみたいな感じで話すんだろう)

そうヤンは思ったが、これも口には出さなかった。

「でも、たとえば今日の宇宙船だと、船外作業員はレイジしかいないわけでしょう? そのたった一人の船外作業員が体調不良になって働けなくなったら皆さんだって困りませんか? そうならないためにも、日頃からビジターの健康診断だってした方が良いと思うんだけど」

そうまだハナは食い下がった。何をムキになっているのだろうとヤンは思った。

「うん。そうだよ。君が正しい」

エリは、あっさりとハナの主張を肯定した。それから、

「だけどね、坊や。世の中は正しいか正しくないかでは動かないのよ」

と付け加えた。坊やと呼ばれてムッとしたのか、ハナはそこで黙った。

「おまえら! 全員、動くんじゃないぞ!」

ライフルを手にリッチが大声で言う。

「参った! 降伏します! 撃たないで! 捕虜になりますから!」

そうパランが言う。

「ダメだ! 銃というのは、登場したら必ず弾を発射しなければならないって決まってるんだ。バーン!」

最後のバーンは、銃を撃った音ではなく、リッチが自分の口で言った音だ。だが、パランはそれを受け、「あああ!」と下手くそな悲鳴を上げながら、わざとらしく床に倒れた。

「あの。何してるんですか?」

レイジが訊く。

「エリ・クムさま。本日度目のヘルスチェック。診断ライトの中にお入りください」

AI音声がまた言う。

リッチはレイジを無視して、ライフルを手に、スルスルスルと床に足を滑らすダンスのステップを踏んで、ルームの真ん中まで移動した。そして、

「ハクさん。これ、見てください。経営難の博物館から流出した、古代人が使っていた武器です。すごくないですか? オークションに出ていたので、めっちゃ競りまくって、落札して、すぐに3D転送させました」

と自慢をしながら、エリのために点いていた青い診断ライトの光の中に入った。

「リッチ・カーオさま。本日度目のヘルスチェック。脈拍、血圧、血液内酸素濃度、正常。神経系統、正常。骨密度、正常。宇宙放射線被曝量、規定内。DNA損傷未検出。次のヘルスチェックは8時間後です」

AIは瞬時のDNAスキャンで、対象者を正確に判別する。リッチは更にダンスのステップを踏みつつ、ハクのいる副操縦席の横まで移動した。その背後ではAIがまた、

「エリ・クムさま。本日度目のヘルスチェック。診断ライトの中にお入りください」

と繰り返す。

リッチは、ハクの真横に来ると、立て膝でライフルを構え、

「どうですか? 惚れていただきました?」

とハクに質問をした。

「いいえ。惚れません」

淡々とハクが答える。

「え? でもでもでも、前にハクさんのお爺さま、テレビで仰ってましたよね?」

リッチの抗議の言葉を聞いて、エリはその時のボア・ヴェリチェリの物真似も披露した。

「『ヴェリチェリ家は歴史ある家柄ですからね。私も、娘も、そして孫も、みんな、トラディショナルを感じさせてくれるものが大好きなんですよ。うんうん』」

リッチはハクの目の前に古代人の武器を突き出し、

「なので、ほら。レッツ・トラディショナル」

と言って、もう一度、大袈裟に立て膝でライフルを構えてみせた。機長席にいたキャプが「フフン」と小さく鼻で笑った。リッチは少し顔色を変え、キャプの方向に向き直った。

「今、どうして笑ったんですか? キャプテン・キャプ」

「わからないなら良いですよ。どうかお気になさらず」

口元に冷笑を浮かべたままキャプは答えた。エリは、キャプのその笑い方が前から嫌いだった。「お姉さんがあれだけ優秀だと、そりゃプレッシャーになっちゃうよね。しょうがないよ」。そうエリに気休めを言う大人たちは、みんなキャプと良く似た笑みを口元に浮かべていたからだ。

「エリ・クムさま。本日度目のヘルスチェック。診断ライトの中にお入りください」

AI音声がまた言った。

「自分、今、バカにされてます?」

リッチがキャプに絡み始めた。

「なぜ、そう思うんですか?」

キャプは余裕の態度だ。

「なんででしょうね。でもバカにしてるでしょう?」

「私は君に何も言っていない。君がバカにされていると思うのなら、それはきっと、君自身が君を少しバカだと思っているからじゃないかな」

「俺が、バカ?」

「私はそうは思っていませんよ? ただ、そうですね。ひとつ発言するのを許していただけるなら、高い買い物を自慢することで女性の気持ちを掴もうとするのは、あまりスマートなやり方では無い気がしますね」

そう言うと、またキャプは、口角を少し上げた。白い歯がほんの少し見える。彼は、その微笑み方にとても自信があるらしい。エリの心には一ミリペタも響かないのだが。と、レイジがエリの耳元に、

「どっちとも、結婚しないと思うなあ」

と言った。ハクが、操縦席をクルリと反対側に回す。そして、まだルームの入り口のところに倒れているパランに向かって、

「パラン先生、どうしてリッチさんのお芝居にお付き合いしてたんですか?」

と質問をした。

「ああ。うん。実はね……」

パランが答えようとすると、さっとリッチがハクとパランの間に割り込んできた。

「実は自分、パラン教授の研究室に、寄付をすることにしましてね。それも、かなりしっかりした金額を」

パランは立ち上がると、リッチの背に向かって頭を下げた。

「とっても助かります。ありがとうございます」

「へええ。パラン先生の研究に」

ハクが感心したように言ったのでとても嬉しかったのか、リッチは更に饒舌になった。

「自分は確かに金持ちですが、決して守銭奴ではないですから。それを、きちんとハクさんにもご理解いただきたいなと。それに、パラン教授の御研究にはハクさんもご興味があるとうかがいまして……ええと教授の研究ってなんでしたっけ」

「星間歴史学です。星の間の歴史と書いて、星間歴史学」

「そう! 歴史ですよ、歴史! レッツ・トラディショナル!」

そう大声で言うと、リッチは再びライフルを格好良く構えてみせた。

レイジがまたエリの耳元で言う。

「強いて言うなら、パラン教授でしょ。結婚相手」

「パラン教授はピュアじゃないから」

「でも、ハクさん、パラン教授の事、多分好きですよ?」

「あのね。これは恋愛ゲームじゃないの。ハク・ヴェリチェリは、ピュアの男と性行為をして子供を産み、次世代に高いスコアを繋げる義務があるのよ」

「エリ・クムさま。本日度目のヘルスチェック。診断ライトの中にお入りください」

AI音声が変わらぬテンションでまた言った。

と、その時だった。斜め下から突き上げるような衝撃があり、同時に、船窓から見える星空が猛烈な勢いで反時計回りに回転を始めた。

「第2推進エンジンにシグナル・イエロー」

AI音声が非常事態用のものに切り替わった。操縦席のコントロール・パネルに、見たことのない赤いライトが複数、不穏な早い点滅を始めた。

「船体制御。回転抑止」

ハクが落ち着いた声で言いながら、いくつかのノブを捻る。

「第推進エンジンにシグナル・イエロー。原因不明」

AI音声が繰り返す。

「何があったんですか?」

パラン教授の質問に、

「微小隕石の衝突か、それとも磁気嵐か……」

と、キャプが独り言のように呟く。AI音声が更に、

「出力15%低下。メイン・エンジンは無事ですが、自動航行コントロールAICPUからもシグナル・イエロー。航行の一時中断と修理・点検を推奨します」

と提案を始めた。

「どゆこと? 俺ら、どっかに不時着すんの?」

リッチが、ライフルを抱きしめながら怒鳴る。普段の威勢とは裏腹に、どうやら彼は怖がりの小心者らしいとエリは思った。

ハクが、航路図を素早く検索する。

「現在、この船から最も近い星は、スヴァルト銀河・恒星ドワ星系第12番惑星、ドー。距離52万宇宙メード」

「ワーオ♪」

レイジが大きく両手を広げた。

「そこ、俺の故郷です」

「というわけで、予定変更でこの星に来たってわけ。そしたら、最初に着陸しようとしてた平地が、皆さんの集落のど真ん中だって分かって慌てて方向転換したり、手動操縦への切り替えが途中でフリーズして山の中腹にぶつかっちゃったり、けっこう大変だったの。ホント、誰も死ななくて良かったわ」

そう言って、エリはけらけらと笑った。

「笑い事じゃないと思いますけど」

と、ハナが言うと、エリは、

「それがさ。最後がまた最高に笑えるのよ。山に突っ込んで、逆噴射でそこから脱出して、ようやくさっきの場所に着陸し直して……そしたらあの宇宙船のAI、最後に何て言ったと思う?」

と言って、更に笑った。

「エリ・クムさま。本日度目のヘルスチェック。診断ライトの中にお入りください……って!」